前へ
次へ

医療機関は病院と診療所の二種類に分類される

一般に医療機関イコール病院と思っている方が非常に多いと言われていますが、実際には同じものを意味しているわけではありません。
厳密に言うと、医療機関は2種類に分類されており、それが病院と診療所であるというわけです。
例えば、病院と診療所の大きな違いの1つは、患者を入院させることができるベッドの数であると言われています。
ベッドが20床以上ある所は一般に病院と呼ばれ、ベッドが19床以下もしくはベッドがない所は診療所と呼ばれています。
もちろん病院に分類される医療機関でも規模は様々に異なっており、ベッドの数が400から500床もある大規模病院もあれば、200床以上の中規模病院、さらには20から50床程度の小規模の病院もあります。
規模が大きくなればなるほど多くの仕事が行なわれることになるでしょう。
基本的に言って、病院の場合は医師や看護師、また薬剤師などに関して、最低配置しなければならない人数が決まっているが特徴となっています。

Page Top