前へ
次へ

こわくない医療を、目指すことの意味

何も分からない幼児が病院に行って予防注射を打たれただけでも、こわくなり泣いてしまいますが、大人になっても治療に対して苦手意識を持つ人は少なくありません。
医師の医療技術が改善されて、とても難易度の高い手術を受けても、患者の身体の負担は軽くなっていることがあります。
短時間で処置が終わることは、医療行為を受ける人の負担を大幅に減らし、こわい感情の軽減につながります。
万人が安心して病院に行くことが可能なら、重症化する前に処置が行えて早期の治癒が期待できますから、こわくない治療はどうしても必要です。
病院の医師と患者が信頼関係があることは、双方にとってメリットがありますし、難しい手術の成功の手助けになります。
痛くなくこわくない医療を受けていれば、通院することや身体に異常が起きたときにも、迷わずに頼ることができます。
現代では、早期発見やすばやい治療が、術後の生活を左右しますから、症状が出てからのひとりひとりの判断力が大切です。

Page Top