前へ
次へ

患者にならなければ分からない医療の情報

医療機関では、疾患を確定するための検査も実施します。
検査中や経過を観察する中で症状が現れるのなら、症状に応じて治療が行われますが、場合によってその場で入院手続きとなり、治療を必要とする場合もあります。
偶発症が起きた場合にも、最善の処置が行われますが、その際の医療は通常の保険診療です。
代替可能な検査があったり、もしも検査を行わなかった場合に予想される経過はいかなるものなのか、そこまで医師に説明を求めましょう。
具体的な希望を伝えることを怠ったり、躊躇してはなりません。
同意したものの、撤回することはできるのでしょうか。
いったん同意書を提出しても、検査が開始されていないのならば、本検査を受けることを止めることは可能なようです。
慌てず、連絡してみましょう。
医療のあれこれは、病気になって・付き添ってみて、初めて知ることばかりです。
日帰り入院するにしても、テレビを見たいのなら、1日300円の支払いです。
病衣も1日70円の費用を負担しています。
乳幼児や高齢者にとってはオムツ代も実費です。
1枚30円から200円前後、尿とりパットからリハビリパンツまで、医療機関によっていずれかを使用しており、そうした情報も私たち患者は知る由もありません。

Page Top