前へ
次へ

くも膜下出血に関する医療知識を確認

脳の病気の中でも怖いとされるのがくも膜下出血です。
脳は非常に大事な部分なので、固い頭蓋骨によって一応は守られています。
しかし強い衝撃を受けたり、脳内の血管に異常などが発生すると重大な病気になる可能性があります。
くも膜は頭蓋骨の中で脳を守る膜としてあり、その血管が出血をすることでくも膜下出血が発症します。
症状としては急な激しい頭痛があり、軽い時にはその後に痛みが治まるときもあります。
ただ放っておくと悪化する可能性があります。
くも膜下出血に関する医療知識で怖いのが生存率でしょう。
よく言われるのは発症した人の3分の1が亡くなる事実です。
そして3分の1は何とか命は助かってもまひが残って寝たきりの生活になります。
残りの3分の1の人が社会復帰できるとされていて、できれば発症前に気が付きたい病気と言えます。
くも膜下出血の予防として有効なのが医療機関での脳ドックで、原因の一つとされる脳動脈瘤を見つけておくと一定の対処ができます。

Page Top